会社沿革
生産者と消費者の架け橋となる

会社沿革

1924
大正13年

神田市場に果物問屋「船昌商店」を開業

1928
昭和3年

神田市場落成、「市設神田市場」となる

1941
昭和16年

太平洋戦争勃発、国の食糧統制で神田市場閉鎖

1948
昭和23年

神田市場再開
仲卸「船昌商店」として再出発

1949
昭和24年

戦後初めて台湾バナナ輸入
1本30~40円

1962
昭和37年

駒込バナナ加工所開設

1968
昭和42年

株式会社船大を吸収合併、株式会社船昌を設立

1971
昭和46年

「新市場法」公布
これにより「仲買人」の呼び名が法的に消滅し、「仲卸業者」と改められる

1974
昭和49年

輸入部門を分離独立、船昌商事株式会社を設立

1989
平成元年

神田市場が大田市場への移転にともない、船昌本社を大田市場に移転

1991
平成3年

新本社ビル完成
オレンジ・牛肉輸入自由化開始

1992
平成4年

関野進、代表取締役に就任

2004
平成16年

卸売市場法が改正され買付集荷が全面自由化

2011
平成23年

関野裕、代表取締役に就任
F・C・C(フナショウチルドセンター)第1物流センター完成

2013
平成25年

株式会社ファームステーションを完全子会社として設立

2017
平成29年

株式会社船昌GLOBAL CARGOを完全子会社として設立
F・C・C第2物流センター完成
TRC物流センター完成