量販店の皆様へ
時代と共に変化する
消費者のニーズに応える

生産者から消費者までを結ぶコールドチェーン

国内産地

国内産地

国内産地
大田市場

大田市場

大田市場
FCC第一

FCC第一

FCC第一
FCC第二

FCC第二

FCC第二
小売物流センター

小売物流センター

小売物流センター
スーパー

スーパー

スーパー
消費者

消費者

消費者
※マウスカーソルを合わせるとイメージ写真が表示されます
船昌は、新鮮で美味しい青果物をお届けするために、
物流センターにもこだわります
船昌では、2011年4月より稼動を開始した大田市場ロジスティクスセンター内の定温荷捌場(年間15℃一定)を活用し、
低温流通(コールドチェーン)を確立していくため、鮮度管理体制を強化いたしました。
その取り組みを支えるのが、大田市場内にあるF・C・C第一物流センター、
プロロジスパーク東京大田内にあるF・C・C第二物流センターの存在です。
冷蔵庫やエレベーター、パッケージ場が定温荷捌場と近い場所に配置されているため、
迅速に搬入・加工することができ、トラックにもスムーズに荷積みすることが可能です。

ONE STOP SERVICE

商品開発

商品開発

仕入れ

仕入れ

加工

加工

配送

配送

商品開発から加工、配送に至るまで
FUNASHO GROUPで完結
FUNASHO GPOUPは国内の青果物を扱う船昌を中核とし、
輸入青果物を扱う船昌商事、カット野菜・サラダ・加工食品を扱うファームステーション、
グループのlogisticsを担う船昌 GLOBAL CARGO以上の4社で構成されています。
各グループ企業が特性を生かし、連携することによりワンストップサービスの仕組みを構築しております。
当社は、引き続き青果売場のトータルコーディネーターとして、お客様の利便性を追及し、ワンストップサービスの充実に努めてまいります。

集荷力

map

北海道

北海道
ジャガイモ 7 ~ 11 月

新潟

新潟
ル・レクチェ 11 ~ 12 月

富山

富山
富山干柿 12 月

石川

石川
ルビーロマン 8 ~ 9 月

福井

福井
上庄里芋 10 ~ 11 月

山梨

山梨
ぶどう 8 ~ 9 月

長野

長野
レタス 6 ~ 9 月

岐阜

岐阜
富有柿 10 ~ 12 月

静岡

静岡
クラウンメロン 通年

愛知

愛知
いちじく 5 ~ 10 月

鳥取

鳥取
らっきょう 5 ~ 6 月

島根

島根
あんぽ柿(西条柿) 11 ~ 12 月

岡山

岡山
アレキサンドリア 7 ~ 10 月

広島

広島
レモン 12 ~ 5 月

山口

山口
夏みかん 5 ~ 7 月

福岡

福岡
あまおう 1 ~ 4 月

佐賀

佐賀
ハウスみかん 5 ~ 9 月

長崎

長崎
びわ 5 ~ 6 月

熊本県

長崎
トマト 11 ~ 5 月

大分

大分
カボス 8 ~ 10 月

宮崎

宮崎
マンゴー 4 ~ 7 月

鹿児島

鹿児島
さつまいも 10 ~ 12 月

徳島

徳島
すだち 8 ~ 9 月

香川

香川
キウイ 11 ~ 2 月

愛媛

愛媛
紅まどんな 12 月

高知

高知
土佐文旦 2 ~ 4 月

三重

三重
なばな 10 ~ 3 月

滋賀

滋賀
赤丸カブ 10 ~ 1 月

京都

京都
えびいも 11 ~ 1 月

大阪

大阪
泉州水なす 4 ~ 10 月

兵庫

兵庫
玉ねぎ 通年

奈良

奈良
9 ~ 11 月

和歌山

和歌山
温州みかん 10 ~ 12 月

茨城

茨城
れんこん 9 ~ 12 月

栃木

栃木
いちご 12 ~ 3 月

群馬

群馬
キャベツ 8 ~ 9 月

埼玉

埼玉
ねぎ 12 ~ 3 月

千葉

千葉
8 ~ 10 月

東京

東京
小松菜 12 ~ 3 月

神奈川

神奈川
大根 12 ~ 3 月

青森

青森
リンゴ 10 ~ 4 月

岩手

岩手
しいたけ 通年

宮城

宮城
パプリカ 7 ~ 10 月

秋田

秋田
ジュンサイ 5 ~ 8 月

山形

山形
さくらんぼ 5 ~ 7 月

福島

福島
7 ~ 9 月

沖縄

沖縄
ゴーヤ 6 ~ 8 月
日本全国の産地と大田市場から安定した仕入れ力が自慢です
生産者から直接購入する事により、市場の入荷量にに左右されない安定した商品供給が可能です。
また、個性のある商品・生産者のこだわりがある商品は、直接生産者から購入します。

当社が拠点を置く「東京都中央卸売市場大田市場」は、青果物の取扱量が日本一の市場です。
この大田市場の「卸売会社」との太いパイプがお客様に対し安定した商品供給を可能にします。

提案力

時代と共に変化する消費者のニーズに応えるべく、
産地と共に商品開発に取り組んでいます。
以前までは「青果物本来の旨み」と好評だった味ですら、「もっと美味しい青果物が食べたい」という要望へと変わっていきます。
当社では、生産者様や種苗会社様などと協力しながら、それらのニーズに応えられるような商品開発に積極的に取り組むことで、
誰もが「美味しい」と思えるような青果物を提供してまいります。

IT

卸売市場に求められている「情報化推進」を社内情報管理部門で支援/開発、
全てのデータを発生時点で一元管理し、トレーサビリティ資料や統計資料が作成可能な販売管理システムを基盤に
経営 の「見える化」で一歩進んだビジネススタイルを確立
お客様において伝票レス、仕入データ・照合のオンライン化等のシステム構築が進んでおります。
そのため、当社においてもお客様毎のご要望に柔軟に対応すべくシステムの構築を図るとともに、
全てのデータを一元管理し社内の業務の効率化にも努めております。
システムタイプ
  • 流通BMS

  • JCA手順
    EOS(送受信)

  • 全銀TCP/IP

  • WEB

データ形式
  • 流通BMS形式

  • CSV形式

  • 固定長形式

  • その他
    特殊な形式

これら以外の形式にも対応可能な社内システム部があります。

自社専用物流センター

船昌は、新鮮で美味しい青果物をお届けするために、
物流センターにもこだわります。
船昌では、2011年4月より稼動を開始したFCC第一物流センター低温荷捌場、冷蔵庫を活用し、
低温流通(コールドチェーン)を確立していくため、鮮度管理体制を強化して参りました。
2017年にはFCC第二物流センターを稼働いたしました。
自社の物流センターを中心としたネットワーク・機動力でお客様の要望により細かく、スピーディーに商品をお届けする体制を整えております。
F・C・C 第一物流センター
専有面積
3976.89m2(約1,203坪)
バース
15台
F・C・C 第二物流センター
専有面積
2306.2m2(698.8坪)
バース
11台
TRC 物流センター
専有面積
1,310.77m2(397坪)
バース
6台