CSR
生産者と消費者の架け橋となる
船昌が考えるCSR(企業の社会的責任)とは
企業は社会の一部であり、
持続的な発展のためには社会から「責任ある企業」として信頼を得ることが重要と思います。
不祥事、環境問題、食の安全性などが大きな社会問題となっている昨今、
ただ業績がいいというだけでなく、CSR(企業の社会的責任)に積極的に取り組む企業は、
社会の信頼を得、持続的な成長が期待できると考えます。

「私たちは食を通じて健康と幸福を提供する」の企業理念と
「私たちは、社会より必要とされる会社 (企業)、社会より信頼される会社(企業)でなければならない。
私たちは、人のため社会のために何が出来るかを常に考え、それを誠実に実行する。
全員参加の経営で、社員価値の向上(学び、育てる)を目指す。」
の経営理念を基にCSR活動を推進しています。
ご当地!絶品うまいもん甲子園様
「農林水産省」、「一般社団法人全国食の甲子園協会」様が主催しております、地域食材を使用したアイデアメニューを競う料理コンテストや、体験型課外授業、商品企画、災害地高校支援などを通して、高校生の夢の舞台を創造する食企画に協賛しております。
全国学校給食甲子園様
全国の学校給食で提供されている献立を競う大会です。
食育を啓発しながら地産地消の奨励を目的とし、地域の活性化につながる食企画へ協賛しております